自分でできるボイストレーニング

ビジネスマン必見!話し方がよくなるボイストレーニング法

お仕事で同僚や上司、部下に業務連絡を行っている際に、何度も聞き返されてしまうという悩みを抱えている方は、話し方問題があります。
お話をしている当事者は、しっかりとお話をしているつもりでも聞き返されてしまうという場合には、いくつかの気をつける点に意識するだけで見違えるほど改善することができます。
まず、ボイストレーニングで腹式呼吸の方法を習得しましょう。
私たちは、通常、日常会話を行う場合は喉から発声をしています。
喉から発声をすると身体が疲れにくい一方、大きな声を出したり、長時間お話を続けていると声がかれてしまいます。
歌手がコンサートで何曲も続けて大声で歌っても声がかれないのは、腹式呼吸を行っているためです。
アナウンサーなどは、度重なるトレーニングを行っていることで意識をせずにお腹から声を出すということを無意識的に行っていますが、一般人が突然行うのは難しいものです。
この腹式呼吸をボイストレーニングで習得すれば、相手に伝わりやすい発声の仕方が行えるようになるので、相手に聞き返されてしまうということは無くなります。
また、会議など広い空間で大勢に向かってお話をしなければならないという場面においても、上座から下座まで万遍なく声が届けられるようになります。
ボイストレーニングでは、発声する際の正しい口の開け方についても学ぶことが可能ですので、より一層滑舌の良く聞きやすい話し方を習得することができます。

ボイストレーニングと腹式呼吸の関係

発声練習を行うことで、お腹の底から声を出して発声することが出来るようになります。そうすると、響き渡るような美しい声量のある声が出るようになります。絶対に、喉だけをたよりに発声練習してはいけません。喉を痛める原因にもなります。喉を痛めてしまうと、声が出なくなってしまうこともあります。演劇や、歌手、アナウンサーなど声を大切にする仕事には、喉を痛めると仕事も出来なくなってしまいます。そうならないように、腹式呼吸でのボイストレーニングは欠かせないことです。ボイストレーニングは、腹式呼吸で行うことが大切です。この呼吸は、呼吸の吸う吐くの度にお腹が膨らんだり、凹んだりします。息を吸えばお腹が膨らみ、息を吐けばお腹がへこむを繰り返すことで、肺活量が、鍛えられていきます。意識をお腹に集中させながら行ってください。肺活量が増えてくると、金管楽器や、木管楽器の演奏にも適した呼吸となり、楽器も練習することで上手く上達していきます。ボイストレーニングと、腹式呼吸は、毎日続けることが大切です。また、この呼吸は、ダイエットにも非常に効果があります。お腹がへこんで綺麗なプロポーションになる可能性があります。ボイストレーニングで、綺麗になれるなら、一石二鳥です。カラオケが上手くなりたい方たちにもこの方法がおすすめです。一般の方たちも、宴会の二次会などで利用されることの多いカラオケが上手く歌えると、周囲から褒めてもらうため自分自身の自信となります。

カラオケでのボイストレーニングをおすすめする理由

最近は中高年の方を中心にカラオケが流行っています。日本人は昔からカラオケが好きですが、長い社会人生活を終え、自分自身の人生を楽しみたい方にとって、好きな事に没頭できる時間は大変素晴らしいものです。歌がうまくなるにはボイストレーニングが欠かせません。基本となる腹式呼吸から始まり、高度なテクニックまで様々です。自分の好きな歌を
歌う事が肉体的にも、精神的にも大変健康的で充実した日々へと繋がっていきます。ボイストレーニングは専門の学校で行う事もできます。しっかりとした理論に基づいた効果的なトレーニングで、確実に歌唱力は上がっていきます。費用はかかりますが、他の方より、格段に上手くなれますので、本当に音楽が好きな方は、レッスンに通っています。それと平行してカラオケボックスで練習を行う事で、実力をつける事ができます。普段とは違う環境で、歌を歌う事で、現在の自分の力を客観的に認識する事が可能となります。ボイストレーニングは自宅でも簡単にできるものもありますので、日頃から継続する事で、徐々に音程や、高いキー等も簡単に出るようになってきます。声は体調によって大きく変化するので、日頃の体調管理にも注意を払いましょう。飲酒や喫煙は、喉を痛める原因となりますので、本格的に、歌がうまくなりたい方は、慎むべきです。歌唱とは、ある意味でスポーツです。多くの筋肉や、体力を消費しますので、継続して努力する事で健康的にもなります。