歌がうまくなるボイストレーニングのポイント

Pocket

歌がうまくなるためのボイストレーニングに重要なのが、音程と響かせ方です。 ボイストレーニングというと呼吸を意識しがちですが、呼吸の要素は大抵が声量にかかってくるため、今回の「うまくなる」ための要素とは直接的に関係してこないためここでは省かせていただきます。 まず、音程ですが、音程を正すための一番手っ取り早いボイストレーニングは、「自分の歌声を録音すること」です。好きな歌を歌って声を録音して、聞いてみてください。はじめは少し恥ずかしく思うかもしれませんが、慣れれば何ともありません。声を聞くことによって自分がどれだけ音程を取ることができているのか、音痴なのかどうかが一瞬で分かります。音程が取れていない部分があった際は、そのオリジナル曲の該当箇所を片耳はヘッドフォンで聞きながら、もう片方の耳は何もつけずに、その歌手の人に合わせて一緒に歌ってみましょう。そうすることで、何もつけていない耳で自分の声を確認しながら正しい音程で歌えるようになっていきます。 そして、録音した声を聞くことで歌のどの部分が耳触りがよいか悪いかというのも客観的に判断することができます。耳触りが悪い部分というのはそこが自分の苦手部分ということですので、繰り返しそこを練習するとよいでしょう。 声の響かせ方の簡単な練習方法ですが、口を閉じて「ん~~~~~」と鼻から声を出すようにしてみてください。ずっとやっていると鼻がぶるぶると振動するのが分かります。手でも触って確認してみてください。その振動を今度はおでこに、喉に、首の裏に、頭の裏に…と意識して体の色々な部分に、手を使いつつ移動してみてください。慣れると胸、お腹、足にもできます。「ん~~~」の音を高くしたり低くしたりすることで、振動の位置はコントロールすることができます。このトレーニングを続けると、実際に唄っている際に、声が体の各所で響くようにだんだんとなっていきます。